お肌のシミ・メラニン対策

お肌にできるシミの種類とその予防方法

投稿日:

ひとくちにシミといっても、原因やできやすい場所で種類が分けられています。

シミの種類によっては予防法や改善法が違うので、シミのタイプに合ったお手入れをしましょう。

皮膚科専門医による診察・治療が必要なシミもあります。

シミが隆起してきたりかゆみを伴ったりすぐ場合は自己判断せずに病院を受診してください。

 

老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)

シミの中でも最も多いのがこのタイプです。

日光性黒子(にっこうせいこくし)と呼ばれることもあり30~40代で目立ってきます。

注意ポイント

老人性色素斑の主な原因は紫外線

紫外線が強く当たりやすい頬骨の高い位置にできやすい傾向があります。

大きさは数ミリから数センチで、でき始めはうすい茶色ですがだんだんと濃くなりシミの輪郭がはっきりとしてくるのが特徴です。

老人性色素斑の予防と対策

若い頃から屋外でのスポーツや農作業に励んでいた人ほどできやすいシミといわれているので、徹底した紫外線対策をすることが大切です。

ポイント

日焼け止めやUVカット加工が施されたグッズの利用で日々の紫外線を防ぐことがとても大切です!

また抗酸化作用のあるビタミンA,ビタミンC,ビタミンEや肌の代謝をサポートするビタミンB群などの栄養素で体の内側からのシミ対策を行うことも有効です。

 
まだお肌の表面に現れていないシミ(俗に言う隠れシミ)の段階やごく初期のうっすらとしたシミの段階であれば、美白化粧品でのケアが有効です。

しかし、くっきりと濃く沈着してしまったシミは美白化粧品だけで薄くすることはとても時間がかかってしまいます。

そのようなシミがすでにできてしまっている場合は、美白有効成分のビタミンC誘導体アルブチンカモミラETコウジ酸エラグ酸などが配合された美白化粧水や美白美容液、美白クリームなどがあるので、じっくり時間をかけてケアしてきましょう。

 

美容皮膚科や美容外科などで行うシミのレーザー治療ならより早く薄くする効果があります。

皮膚科によってはレーザー治療以外のシミを消す方法として、トレイチノンやハイドロキノンが配合されたクリームを処方してくれることもあります。

近頃では、トレイチノンやハイドロキノンが配合された攻めの美白化粧品もネットで買えますので、お手頃なトライアルセットを試してみるのもひとつの手です。

ハイドロキノン配合の美白クリームがトライアルセットで試せます!




[b.glen]シミを消す!QuSomeホワイトセット

 

脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)

脂漏性角化症は老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)とも呼ばれることがあり、老人性色素斑が何年も経過するうちに少しずつ隆起してイボのように見えるシミです。

脂漏性角化症の見た目や色は薄い茶色でやや隆起したもの、濃い茶色でボコボコと隆起したものなど様々でかゆみを伴うこともあります。

紫外線や加齢の影響で角質が厚くなりターンオーバーで排出されなかったメラニンが蓄積してイボのように隆起してくると考えられています。

 

注意ポイント

脂漏性角化症に似たものに、糸状疣贅(しじょうゆうぜい) があります。

糸状疣贅は1~2ミリの小さなイボのようなものがポツポツと首からデコルテのまわりにたくさんできます。
こちらはウイルス性のものなので脂漏性角化症とは異なります。

 

脂漏性角化症の予防と対策

脂漏性角化症も老人性色素斑と同様に紫外線を多く浴びた人ほどできやすいといわれています。

予防としてはやはり普段からの紫外線対策が一番です。

まずは皮膚科へ

イボのように隆起し皮膚そのものが変質してしまっているため美白化粧品は効果がありません。

皮膚がんと見分けがつきにくく、症状によっては病理検査が行われることもあり、脂漏性角化症から皮膚がんに進行したという報告もあります。

治療は電気焼灼、液体窒素、レーザーなどを用いられるのが一般的です。

できるだけ小さいうちに適切な治療を受けることが大切です。

 

炎症性色素沈着(えんしょうせいしきそちんちゃく)


炎症性色素沈着はニキビ、すり傷、かぶれ、虫さされなどで炎症が起きた後にメラニン色素が沈着して起こるシミです。

顔ではニキビができやすい頬からあごにかけてよく見られます。

炎症性色素沈着は時間が経過するごとにターンオーバーによって徐々に薄くなっていきますが、体質によっては薄くなった後に紫外線を浴びてしまうと再びシミとなってあらわれることもあります。

 

炎症性色素沈着の予防と対策

ニキビや虫除けなどの対策で肌が炎症を起こさないように心がけることが大切です。

カミソリや毛抜きで自己流の脱毛を行っている場合も炎症を起こしやすいので注意しましょう。

ポイント

炎症性色素沈着の対策にはビタミンC誘導体が配合された美白化粧品が有効です。

ニキビなどの炎症を抑えながらメラニン色素の生成を抑制し、出来てしまったシミの淡色化までマルチに活躍する美白成分です。

 

肝斑(かんぱん)

肝斑(かんぱん)は女性ホルモンのバランスが変化する妊娠中や更年期、ピルの服用中にできやすくなるシミです。

頬から目じりにかけて左右対称にもやもやと広がるという特徴があります。

色は茶色やグレーがかったものなど様々なタイプがあります。

 

肝斑の予防と対策

不規則な生活や過労でストレスホルモンが増えると濃くなることがあるので、規則正しい生活やリフレッシュする時間をもつことが大切です。

紫外線そのものが肝斑を作るわけではありませんが、シミが濃くなったり再発したりするきっかけになることが指摘されています。

やはり日ごろの紫外線対策も大切といえるでしょう。

 
妊娠中にできた肝斑は産後2~3ヶ月で消えることがほとんどですが、不規則な生活や疲労でストレスホルモンが分泌されると濃くなることがあるため、規則正しい生活やリフレッシュする時間を作る心がけたいもの。

特に更年期は、不眠や頭痛、ホットフラッシュなどの辛い症状を抱えやすいので肝斑の治療も含め専門医に相談してください。

ポイント

美白化粧品でのケアはトラネキサム酸が肝斑には有効とされています。

トランシーノなど内服薬や漢方薬との併用でさらに効果が期待できます。

 

雀卵斑(じゃくらんはん)

一般的にはそばかすと呼ばれているシミです。鼻から頬骨にかけてごく小さなシミが広がっているのが特徴です。遺伝的要素が強く男女問わず子どもの頃からあらわれ、色の白い欧米人によく見られます。日本人でも遺伝で色白の方に見られる傾向があります。

 
 

雀卵斑・そばかすの予防と対策


そばかすは遺伝的要素が強く紫外線に敏感な色白の肌の人に多くみられ、白人の子供に多い印象があるのではないでしょうか?

そばかすは老人性色素斑や脂漏性角化症などのシミになりやすいと考えられているため年間を通して紫外線対策を行いましょう。

ポイント

紫外線に敏感なそばかす体質の方は、日常生活で紫外線を長時間浴びないようにUPFの数値が高いUVカットグッズを用意しておくこをおすすめします。

たとえカーディガン一枚でもUPFの数値が高いものは紫外線カット力に優れています。

そばかすのケアとしても使いたい美白化粧品にはメラニン色素の生成を抑える効果がありますが、そばかすは遺伝的要素が強いため効果があらわれにくいのが実情です。

専門医によるレーザー治療できれいに消すことができますが、紫外線の影響などで再発することもあります。

 

太田母斑

太田母斑(おおたぼはん)は主に目の周りに灰青色の小さい点が集まってできるシミで、頬や鼻にできることもあります。

青クマかなと思っていたら太田母斑だったというケースもあります。

また、生まれた時から目立つ場合や思春期になってから目立つ場合、30~40代になってできることもあります。
顔の両側にあらわれたものは遅発性両側性太田母斑といいます。

 

太田母斑の予防と対策

表皮にできるシミは美白成分が浸透してメラニンが作られるのを防ぐことができます。

一方、太田母斑は表皮より奥の真皮でメラニン色素が増えるという特徴がるため美白成分は真皮まで浸透しませんから効果を得ることができません。

レーザー治療が有効とされていますが、通常のレーザー波は真皮まで届かないため高出力の特殊なレーザーが用いられます。

まれにエステで太田母斑のケアを受ける方がいますが、エステのシミ消しコースでは到底出力が足りず太田母斑を消すことはできません。

太田母斑に詳しい皮膚科専門医に診てもらうことが安全で確実です。
 

-お肌のシミ・メラニン対策
-

Copyright© 美肌乃 , 2019 All Rights Reserved.